人材派遣の基礎知識
紹介予定派遣の注意事項
 
紹介予定派遣とは、派遣先企業が労働者を直接雇用することを前提に、一定期間(6ヶ月以内)当該労働者を派遣労働者として受入れる制度です。正社員採用時のミスマッチ防止を目的とし、急速に需要が高まっていますが、以下の点に注意する必要があります。
 
(1)紹介予定派遣の場合の派遣受入期間
紹介予定派遣の場合は同一の派遣労働者について、6ヶ月を超えて労働者派遣を行ってはいけません。

(2)派遣先が派遣労働者を雇用しない場合の理由の明示
派遣元事業主は、紹介予定派遣を行った派遣先が職業紹介を受けることを希望しなかった場合または職業紹介を受けた派遣労働者を雇用しなかった場合には、派遣労働者の求めに応じ、派遣先に対し、それぞれの理由を書面、FAX、またはメールにて明示するよう求めなくてはなりません。

(3)紹介予定派遣に関する事項の記載および明示等
労働派遣契約、就業条件明示書、派遣元管理台帳、派遣先管理台帳の所定欄に、紹介予定派遣に関する事項を記載する必要があります。
また、派遣元事業主は、紹介予定派遣に関わる派遣労働者を雇い入れる場合は、その旨を派遣労働者に明示すること、既に雇い入れている労働者を新たに紹介予定派遣の対象とする場合をその旨を労働者に明示し、同意を得ることが必要です。
※各契約書や台帳の書式および記載事項の詳細は、プラマックスまでお問合せください。

(4)派遣労働者の特定にあたっての年齢・性別による差別防止
派遣労働者の特定を行うにあたっては、雇用対策法および男女雇用機会均等法に従って、年齢・性別による差別を行ってはいけません。

(5)派遣労働者の特定
紹介予定派遣については、派遣先が派遣労働者を特定する行為が認められていますが、試験・面接・履歴書の送付等により派遣労働者を特定する場合は、業務遂行能力に関わる試験の実施や資格の有無等、社会通念上、公正と認められる客観的な基準によって行われることが必要です。

(6)試用期間
紹介予定派遣にあたっては、派遣期間が試用期間の意味合いを持つため、派遣先は、紹介予定派遣により雇い入れた労働者について、試用期間を設けないようにしなければなりません。





Copyright (C) 2003-2008 PRAMAX All Rights Reserved